長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

太陽を盗んだ男を追う男



こんにちは。
沖縄は、何度来ても気持ちがいいね。(拍手)
カートに乗って、楽をさしてもらったけど、80過ぎたんで、さっきの2人みたいに走れないよ。(笑いと拍手)

30年前なら、あの倍くらいのスピードで走ったけどね。(笑いと拍手)

今日は、自分から立候補して、ピッチャー交代、知事交代、ということで押し掛けてきました。(拍手)

プロでない私が言うんだから、あてになるのかならないのかは分かりませんけど、政治の役割はふたつあります。ひとつは、国民を飢えさせないこと、安全な食べ物を食べさせること。(拍手)

もう一つは、これが最も大事です。絶対に戦争をしないこと!(大きな拍手)
私が小学校の頃、戦国(軍国)少年でした。小学校、なんでゲートルを巻いて、戦闘帽を被って、竹槍持たされたのか、今振り返ると、本当に笑止千万です。もう二度と、ああいう経験は子どもたちに、子どもたちだけじゃない、大学生も雨のなかを、大勢の将来大事な大学生が戦地へ運ばれて、半数が帰ってこなかった。

今の政府と、本土の政府ですよ、仲井眞知事は、まさに戦争が起きること、戦争をすることを前提に、沖縄を考えていた。

前知事は、今、最も危険な政権と手を結んだ。(拍手)

沖縄の人々を裏切り、公約を反故にして、辺野古を売り渡した。(そうだ!の声と拍手)

古い映画だけど、『仁義なき戦い』に、(拍手)その流れに言うと、『仁義なき戦い』の裏切り者の山守(やまもり)、覚えてらっしゃらない方もいるかな?(覚えてるよー!の声)
憶えてるかー(拍手)。
映画の最後で、「山守さん、弾はまだ残っとるがよ。一発残っとるがよ。」というセリフをぶつけた。
その伝でいくと、「仲井眞さん、弾はまだ一発残っとるがよ。」(大きな拍手)
と、ぶつけてやりたい。(拍手)

沖縄の風土も、本土の風土も、海も山も空気も風も、すべて国家のものではありません。(大きな拍手)
そこに住んでいる人たちのものです。(拍手)
辺野古もしかり!
勝手に他国へ売り飛ばさないでくれ。(大きな拍手)

まあそうは言っても、アメリカにも、良心厚い人々はいます。中国にもいる。韓国にもいる。(拍手)その良心ある人々は、国が違え、同じ人間だ。(拍手)
みな、手を結び合おうよ。(拍手)

翁長さんは、きっと、そのことを、実行してくれると信じてる。(大きな拍手)
今日来てるみなさんも、そのことを、肝に銘じて実行してください。(拍手)
それができない人は、沖縄から、日本から、去ってもらおう。(大きな拍手)

はなはだ短いけど、終わり(拍手)
(引用終わり)

http://kimbara.hatenablog.com/entry/2014/11/03/153154
↑こちらから引用させていただきました。


「戦場ぬ止み・いくさばぬとぅどぅみ」「圧殺の海」と「標的の村」を上映するにあたって
関連している未見の沖縄映画の解説を読んで少しでも参考になればと思ったりしてますが、
この流れを突き詰めていけば昨年末に亡くなった菅原文太さんの沖縄知事選への応援演説が強く印象に残ったことだと思い返したりしました。

「菅原文太氏のスペシャルゲストあいさつ」
https://www.youtube.com/watch?v=8PFTMiaHXAc

政治の役割はふたつあります。
国民を飢えさせないこと、絶対に戦争をしないこと!
↑権力に媚を売らない「仁義なき戦い」を貫き通した生き様にもしびれましたが、
このあいさつのなかで
「アメリカにも、良心厚い人々はいます。中国にもいる。韓国にもいる。
その良心ある人々は、国が違え、同じ人間だ」
↑この言葉に感激を覚えたりしてました。

その後、亡くなる一ヶ月前、すでに病身の身体ながらも沖縄へ赴いた思いを雑誌などで知りました。

ついでに影響を受けやすいので↓こちらのインタビューを読んで勇気付けられ、
http://wpb.shueisha.co.jp/2014/12/16/40645/
『弾ぁ、残っとる』
などと呟いたりしています。

亡くなった後、新・午前十時の映画祭で「仁義なき戦い」を観てラストシーンにヤハリ痺れておりました。
ありがとうございました!

しかし「太陽を盗んだ男」のジュリーも文太兄ィもそしてキンキンも、
3,11後に同じ立ち位地で発信していたのは思えば奇遇なんだろうかと。

==============================

「標的の村」長岡上映会は8月15日(土)にアオーレ長岡市民交流ホールAにて。
午前と午後に一回づつ上映予定です。

http://hyoteki.com/
スポンサーサイト

| 未分類 | 05:05 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ご無沙汰してます。
『弾ぁ、残っとる』、いいお話ですね。同感です。ホント、想像も絶するヒドイ会社があるといわれる昨今、老いも若きも、そんなに無理してまで気張らなくてもいいぞ!と、言ってやりたいですね。私(わたくし)ごとで恐縮ですが、会社にはそれほど依存してはおりませんし、会社=家族という考えも、未だ腑に落ちないでおります。自分で生きていく上でのヒントは、実は周りをみればたくさんあります。少し頭を捻れば、わかることではないかと考えてます。何も世間を見据えて生きなければならないなんてことはないんですよね。今はなかなか若い人でも仕事につけない人が多いと聞きますが、そんないつみつかるかもわからない就職活動よりも、もっと有意義なものを探してほしいですね。あと、会社で上司のミスをただ黙ってみているのではなく、自分を叱りつけている時の上司のようにガツンと言ってやる。これができるかできないかが、やはり、その人自身に問われる人間性のあり方だと思います。菅原文太さんは、たぶんそれが言える人だと、私は思います。イエスかノーを、はっきりいえない教育を受けた世代にとっては、やはり、それは不幸なことなのでしょう。そこにあるのは「顕在化されない心の闇」です。そのたった一言がいえないために、人は人を知らぬ間に傷つけてしまう。このわからないことがこの「現代の悪」であることをわかってほしいと、思っております。これは世の中に蔓延る不正にも繋がりますし、すべての人間関係においても言えることです。私はそれを「空洞化された社会悪」と名付けておりますが、ほんと忌々しい事件が後を絶たない事柄にも大きく関わる問題ではないかと考えています。それには先ず自主性をもって生きてみることから始めることです。

| 純 | 2015/06/06 15:09 | URL |

菅原文太氏が晩年、生きている間に、何かしらのメッセージを後世にしっかりと伝えていかなければならない。これは本人も憤りを感じていたことでしょうし、共鳴した人も多かったことでしょう。これほど日本国のビジョンに憂いを感じていた人も、他にいないのではないかと思えるほど、日本のことを考えていた人でした。また農業問題にも取り組み、農薬は自然の生態系を駆除し、有害なる環境破壊に結びつき、無農薬野菜の栽培を徹底する方でもありました。しかし、それに反して生態系を狂わせるような拝金主義になりさがった資本国では、無農薬野菜の栽培には、やはり難しいことなのだと、改めて考えさせられてしまいます。菅原氏は、常に弱い人の見方だったと思います。上記の発言にしても、それは言えることです。

| 純 | 2015/06/06 15:44 | URL |

Re: タイトルなし

純さま

返信遅くなりすみません。
菅原文太兄ィ(と呼ばせてください)は311前に長岡の講演会で目にしましたが、すでに農業に軸足を取っており長靴はいたまま講演していたのが印象に残ってます。
今思えば大変貴重な時間でした。

私事ですが20年いた組織を手痛く追い出されてしまい人間不信の極みにいたこともあったのですが、インタビューにあった「弾はまだ残ってる」とつぶやくことでどこかで救われた思いをしてます。

しかし「仁義なき戦い」改めてスクリーンで観たら絶頂期のスターのオーラって凄まじいものだと思っていました。

| 長岡アジア映画祭実行委員会! | 2015/06/12 16:55 | URL |

菅野さま

わたくしも文太兄ィと呼んでます。

そうでしたか、追い出されたんですね。そこがなかなか(組織)難しいところですね。自分は組織の為に日々、全力投球しているつもりが、実はそうではなかったと、では、自分が今まで築いてきたものはなんだったのか・・・。

組織とは、時に非情であり、且つ酷な世界だと思います。でも、今まで培われたノウハウは、今後、新しい組織作りの手助けとなり、活かされていきますよ。

| 純 | 2015/06/13 20:49 | URL |

Re: タイトルなし

純さま

ありがとうございます。
おかげで多少はずっこけた人の気持ちが理解できるようになりました。
精進していきたいと思ってます。

菅野

| 長岡アジア映画祭実行委員会! | 2015/06/15 13:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/777-9da98da2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT