長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三上智恵ディレクター 『英霊か犬死か』



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-821.html
↑昨日の記事に書いた『英霊か犬死か~沖縄から問う靖国裁判~』を某ルートで見つけてみてみました。
本来ならマズイと思うのであまり声を高くして書くことは慎みたいですが、
それでも本土からないがしろにされてる沖縄の声を救い上げてるドキュメンタリーで、
こんな事実、思いがあることを知って見て良かったです。

そして沖縄戦で亡くなった民間人をも"英霊”にしてることは沖縄戦に目をそらす欺瞞でもあることを。

三上智恵監督は大阪のMBSから琉球朝日放送へ移って、沖縄に目を向けたドキュメンタリーを制作し続け、
この『英雄か犬死か』の後に手がけた『標的の村~国に訴えられた沖縄・高江の住民たち~』を、
劇場版にした『標的の村』で高い評価を得ましたが、
WIKIを開いたらMBSから琉球朝日放送に移籍した経緯のひとつが、
椎名誠監督の『白い馬』を巡る騒動だったことに驚いてしまいました。
担当者は椎名誠氏のファンでもあるため、当時の騒動はよく覚えているのですが、
まさかあの時の女子アナウンサーと、こんな形で自分が上映会として関わってしまうのかと。

それと昨日書いた『僕の島は戦場だった』によると、
この『英霊か犬死か』の柱となってる沖縄靖国問題の事務局長的な立場の女性は上越・高田出身とありました。
三上監督もそうですが“ヤマトンチュ”の女性が沖縄の問題に深く関わり、行動してることを佐野氏は高く評価しています。

あと『標的の村』長岡上映会で講演くださる馬場秀幸弁護士は高田在住で、
沖縄に関心があると伺ってるので、この女性と何か接点があるんだろうかと。

三上智恵監督 賞歴

【個人】
女性放送懇談会放送ウーマン賞(2010)

【作品】
「超古代文明は琉球弧にあった!?~沖縄海底遺跡の謎~」
国際海洋映像祭入賞(1998)

「今甦る!海に沈んだ文明~沖縄海底遺跡の謎2~」
プログレス賞優秀賞(2000)

「語る死者の水筒」
テレメンタリー年間優秀賞(2000)、日本民間放送連盟賞九州沖縄地区テレビ報道番組部門優秀賞(2001)

「海に沈んだ太平洋巨石文明~沖縄海底遺跡の謎3~」
プログレス賞優秀賞(2003)

「検証 動かぬ基地 拡大版 ~沖国大ヘリ墜落事故から1か月~」
ギャラクシー賞報道活動部門優秀賞(2004)

「海にすわる~辺野古600日の闘い~」
ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞(2006)、地方の時代賞審査員選奨、
日本民間放送連盟賞九州沖縄地区テレビ報道番組部門優秀賞

「人魚の棲む海~ジュゴンと生きる沖縄の人々~」
テレメンタリークール賞(2007)

「サンゴが消える日」
アースビジョン地球環境映像祭アースビジョン賞(2009)

「1945~島は戦場だった オキナワ365日」
ギャラクシー賞報道活動部門優秀賞(2010)、ANNものづくり大賞最優秀賞(2010)、プログレス賞優秀賞(2010)

「英霊か犬死か~沖縄から問う靖国裁判~」
メディアアンビシャス賞(2011)、ANNテレメンタリー年間優秀賞(2010)、石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞(2011)

「標的の村~国に訴えられた沖縄・高江の住民たち~」
テレメンタリー年間最優秀賞(2012)、ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、
第18回平和協同ジャーナリスト基金奨励賞、座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル大賞

http://www.hyoteki.com/staff/
スポンサーサイト

| 未分類 | 08:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/822-e362bfb2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT