長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

高田世界館104映画祭



「女の子を訴えたことに深い意味はないと思います。
目障りなものを叩き潰すのがスラップ裁判です。
その標的に子どもも大人も関係ないのでしょうネ。
頑張ってください!!」

8月15日に開催した「標的の村」長岡上映会にて「憲法と地方自治・住民投票」との演題で、
講演いただいた新潟県弁護士会の馬場秀幸弁護士に遅ればせながらお礼状を送ったところ、
すぐさま返事が来て恐縮してます。

その礼状の中に上映後に実行委員から出た
「国はいづれバレるのは明らかなのに、なぜその場にいなかった7歳の女の子も訴えたのか?」
という疑問に馬場弁護士は冒頭の文章に励ましの言葉を添えて返答いただきました。
ありがとうございます!

実際お国に刃向うことがにたいして醜悪な嫌がらせをしてしまう国家ってまさに
「おかしいだろ、これ。」だと思いました。

その馬場弁護士も運営にかかわり高田世界館で開催される、
昭和の喜劇映画をフィルムで上映する「104映画祭」のご案内が上越市よりこちらに届きましたのでご紹介します。
「104」とは高田世界館が誕生してからの年齢のようです。

*「高田世界館104映画祭」(優秀映画鑑賞推進事業)

今年は喜劇映画の名作を上映!渥美清、フランキー堺らのコメディアンとしての真髄を楽しめます。前田陽一、瀬川昌治ら喜劇映画の巨匠たちの功績を振り返る機会にもなっております。

▼日程:10/1(木)~10/4(日)

▼料金:1作品500円/4作品通し券1500円
※通し券は当日窓口でもご購入いただけます。

上映作
「おかしな奴」 (沢島忠監督 渥美清主演)
「喜劇・大安旅行」 (瀬川昌治監督 フランキー堺主演)
「吹けば飛ぶよな男だが」 (山田洋次監督 なべおさみ主演)
「あゝ軍歌」 (前田陽一監督 フランキー界主演)

詳細は↓を参照ください。
http://takadasekaikan.com/index/nowshowing/540
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/905-cdc72bf4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT