長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

杉田愉監督最新作 『キユミの桃子 サユルの涼花』 京都国際映画祭にてジャパンプレミア



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-870.html
↑こちらでご紹介した『長岡アジア映画祭’14』にて『キユミの詩集 サユルの刺繍』(2006)『キユミの森 サユルの澱』(2013)を上映した柏崎在住の杉田愉監督より、『キユミの森 サユルの澱』に続く、
もちろん柏崎ロケの新作『キユミの桃子 サユルの涼花』の日本初上映が
本日10月15日から10月18日まで開催される京都国際映画祭にて決定したと連絡が届きました。

この映画祭は吉本興業が運営しているので、
これについて杉田監督は「異色の組み合わせは、最新作の劇的な変化の証明」と述べており、
京都へ赴くようです。

公式上映日は10月16日の11時からのクリエイターズ・ファクトリー予選上映のプログラムで
会場は明治41年に創建された由緒ある大江能楽堂。
能楽堂での映画上映も京都らしい赴きがあって味わい深く思いました。

http://kiff.kyoto.jp/cf.php
↑クレエイターズ・ファクトリーのサイトを開けてみたら長岡出身・東條政利監督の「9/10 ジュウブンノキュウ」に主演した鈴木淳評さんの監督作も上映され、審査員は「SR サイタマノラッパー」の入江悠監督といづれも以前に長岡アジア映画祭でお招きした方の名があったので、ちょっと懐かしく思いました。
入江監督は売れっ子になりましたが、鈴木淳評さんは俳優をやめ自主映画の監督をやってるとだいぶ以前に聞きましたが、撮り続けていることに嬉しく思いました。

『キユミの桃子 サユルの涼花』がワールドプレミアとなった釜山国際映画祭での公式上映は三回に及び、
大好評だったようなので、杉田監督に報告をこのブログに寄稿いただけないかお願いしています。
読むのを楽しみに待ちたいと思ってます。

京都国際映画祭公式HP http://kiff.kyoto.jp/
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/922-78013e89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT