長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

姫田忠義ドキュメンタリー作品連続上映会 松代にて



「レッドマリア」観たかったんだよなぁ。

小林茂監督「風の波紋」の主役というべき木暮さんに一年半ぶりにお会いしました。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-425.html

場所は松代郷土資料館。
スタッフを務める13回目の姫田忠義ドキュメンタリー連続上映会にて。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-951.html

現在は松之山に移住し、その活動に小林監督が注目し被写体となりましたが、
かつて報道カメラマンとして世界を駆け巡ってた頃は、
活動の一環として東京のホームレス支援をしてたので、
生き方としてホームレスを選んだ若い女性が出てくる「レッドマリア」に強い関心を示していました。

「千年の一滴 だし しょうゆ」の柴田昌平監督は姫田忠義監督のお弟子さんにあたるので、
この日の上映会にお客様へのチラシ配りを兼ねて上映会の紹介をお願いできないか、
木暮さんにお願いしたら快く承諾下さり、合わせて映画も観ましたが、

「千年の一滴」は姫田監督のやり方を受け継いでる
という趣旨で柴田監督は話していたので、
この日の作品「薩摩の紙漉き」「越前和紙」も職人の仕事を徹底的にすくいあげてる視点が、
確かに共通するものがあると思いながら観ていました。

上映後は高柳と十日町で和紙を作ってる方が登場し、自身の活動と仕事ぶりを話し、
参加者が熱心に質問をしていたりと、
今回で13回目だそうですが、毎回このような上映会を開いてるとなると、
この地域の文化活動として大変クオリティの高い集まりなんだと思い感心することばかりでした。

ちなみにこの日は「風の波紋」の登場人物が木暮さん含め5人ほどおられましたが、
柴田監督が姫田監督のプロダクション、民映研に所属してた頃に一緒だった女性もおり、
「千年の一滴」長岡上映会を観に来てくださるとチケットも買っていただいたので、
何年ぶりの再会になるんだろうかと思いました。

他にその女性のお仲間だった方も東京から来ていて、
姫田監督の撮影について、貴重なお話を伺うこともできました。

この地で姫田監督の上映会が開かれるのは主催者の話を聞いてると、
縁が重なっての必然となったようですが、
また足を運びたいと思いました。

あと懇親会でいただいたお弁当が大変うまかったことも特筆でした。
紹介に行けてとても良かったです。

*「千年の一滴 だし しょうゆ」上映と柴田昌平監督トーク
12月23日(水・祝) ①10時~ ②13時半~
会場 アオーレ長岡 市民交流ホールA
前売1000円 当日1300円

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-931.html
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/tb.php/982-3e65fe08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT