FC2ブログ

長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ある精肉店のはなし



”I believe in America. America has made my fortune”

漆黒の暗闇からアメリカを信じ、生きてきた葬儀屋が自身の娘が殺された仇を討ってほしい切々と訴える。
Godfatherドン・コルレオーネに。

『ゴッドファザー』の冒頭を思い出してしまったのが『ある精肉店のはなし』でした。
こちらでは屠畜を手掛ける家族との出会いを纐纈あや監督のナレーションで始まるのですが、こちらも漆黒の闇が徐々にカメラが引いていくと堂々とした巨体の牛が姿を現し、どこか神々しさを感じさせるほどなのですが、牛舎から連れられた屠畜場で眉間を一撃でノッキングされ強烈なインパクトを観客に残して崩れ落ちていきます。

『ある精肉店のはなし』は冒頭から有無を言わさず観客に大きな衝撃を与えるものの、その屠畜場面は牛に余計な苦痛を与えずナイフで素早く要所を切り裂いていく様は大変な職人仕事として目を離すことができずにいます。

いわばお肉をいただくという業を背負った我々にとって躰中から血を流すもの、その血を浴びながら切り裂くもの、深い業を持つものは目を逸らすことは絶対に避けることができないだろうと。

この屠畜場面はあえてカメラの前に顔をさらす北出家のひとびと、それを収める纐纈あや監督と大久保千奈津撮影監督にとってまさに真剣勝負、互いの緊迫した息遣いまで耳にすることができ、屈指の名場面と言っていいハズです。

この屠畜場面を収めた纐纈監督はすっかり北出家に魅せられ、家族が住む大阪は貝塚市で合宿しながら撮影を記録していくのですが、それは北出家のルーツとなる被差別部落という大変理不尽な問題を否応なしに突き付けられ、いわば負の歴史を目にすることになります。

纐纈監督は何度かこの家族みんなで焼き肉を焼いてるシーンを挿入させていますが、はじめてこの家族みんなで食卓を囲むシーンにこの家族の亡き父親の姿を目にしたと語っています。
この家族に生きていく技術を教えながらも自身は差別と生涯にわたって闘っていたという父親の姿を映画を観ながら想像していくと、確かにショッキングな屠畜場面に目を奪われる映画ですが、いつしかこの不在の父親をめぐっての家族の物語だと気づかされるとき、やはりこじつけかと思うけど、『ある精肉店のはなし』とはもうひとつの『ゴッドファザー』として、だから映画は漆黒の場面から始まるのではと、まるで余計なことですが思ったりしました。

それにしても観終わってお肉を食べたくなるのは確かですが、映画に登場するあのにこごりはぜひ味わってみたいと思わせます。
子どもの頃に食べたにこごりはそんなにうまいといった記憶はありませんが、あのにこごりは本当にうまそうだと。

『ある精肉店のはなし』公式HP https://www.seinikuten-eiga.com/

予告編 https://www.youtube.com/watch?v=y7Rl-dyh_U0

●“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”
11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食肉通信



わが国唯一の食肉産業専門紙

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-2054.html
↑こちらの記事に書いた『ある精肉店のはなし』上映会の宣伝のために行った
長岡市営食肉センターを訪れた際、隣接しているお肉販売店で
ほほ肉のチャーシュー(やはり旨かったです)を買った際に、
お肉を包んだ紙が新聞紙、よく見たら食肉通信という初めて目にする新聞でした。
いわゆる食肉・精肉に関して的をしぼった業界紙で週に一度発行、
目を通すとなかなか専門的というかマニアックなことが書いてあり、
物珍しいものがあり、そこで気づいたのがこの紙面に『ある精肉店のはなし』上映会の告知を掲載してもらえないかと。

紙面に書いてある住所は大阪、『ある精肉店のはなし』も大阪の映画なので、
当然、社長も記者も編集者のみなさんも観てるだろう、関心あるだろう、紹介したいと思ってるだろうと、
勝手に決めてリリース文とチラシを封書して郵送したことも忘れてた先日、
燕の方から「食肉通信に小さく載ってたんだけど」と上映会への問い合わせがありました。
あっ、小さいとはいえきちんと掲載いただいたのかとありがたく思い、この場を借りてお礼を。
ありがとうございます。

食肉通信 公式HP https://www.shokuniku.co.jp/

●11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 19:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

♪'Cause nothin' lasts forever In the cold November rain



11月の小雨が降るこの日、ばくばくマルシェの今シーズン最後の日。
アクセル・ローズの歌声で「November Rain」をむりやり脳裏にループさせ、
『ある精肉店のはなし』『土と育つ子どもたち』ともに食べ物の映画ということで、
長岡産食材やお料理のブースが並ぶこのばくばくマルシェに4回ほどチラシ配りに来たことになり、
毎度のこととなったので顔見知りの方ができたりし、
最後なので持参したチラシは全部撒こうと鋼の心で立って配っておりました。

毎回、人出があると思うお昼の時間に立っていましたが、
幸いなことに持参したぶんはほぼ捌けて、
受け取りを断られても落ち込むことはもはやなく、
最初っからこの鋼の心を持っていればと悔やむこともないことはありませんが、
人出が少なくなり、もうここでいいだろうと区切りをつけておしまいにしました。
毎度毎度、へんなのが来ても受け入れてくれたばくばくマルシェの皆様ありがとうございました。

しかしいつもちびっこ達が社会学習の一環なのか、よく見学に来ていて
教育をテーマに参考までと先生や保育士さんを見つけてチラシを渡してましたが効果を期待したいものです。

あと長岡市長がマルシェに来ておりましたが、初めて生の姿を見て意外と大柄なんだと思いました。
お客さんと触れ合ったりしながら一周していましたが、こんな形で様子を見に来るのもイイものだと思いました。
調子に乗ってチラシをお渡ししましたら受け取ってくださいました。

今回もなじらていさんのステーキ弁当を昼食にとブースに並び、
隣がギョーザ屋さんかと気づいたら、
知っているというかお世話になってるお店・翠呼亭さんだったのでビックリして、
もちろんギョーザも注文しましたら一個サービスしてくださいました。
ありがとうございますとごちそうさまでした!

ばくばくマルシェ公式HP http://bakubaku3.com/

●11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 16:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

土と育つ子どもたち



「生き物が周りにいないと、生き物の中で人間が偉いような感覚を知らず知らずのうちにもってしまうんではないか」

纐纈あや監督の新作中編『土と育つ子どもたち~自由学園初等部 日々の生活と学びの記録~』は副題の通り纐纈監督の母校が授業として学校の敷地内で田んぼや畑で作物を育ててる様を記録してます。

土まみれとなりながら育ててる稲やさといも、かぶなどを育てて共に成長していく子どもたちと同時に試行錯誤しながら、この教育をすすめている教師達が狭間に登場しインタビューされてきます。

冒頭は理科の先生の話なのですが、子どもたちの姿を間近で見て感じたことが示唆に富んでて深い思慮に触れたように思いました。

確かに野菜だけでなく畑には芋虫、ミミズ、トカゲなども存在し、それらを泥んこになりながら触れて観察する姿を見ているとイキイキとしながら子どもたちは自然と生き物たちと同調していくように思います。

とはいえ一年を通した野菜作りのレポートを学園の展示発表会で披露、初等部というのは小学校のことかと思いますが、この発表の様子を見ててレベルが大変高いことに驚かされました。
自由学園と謳いながら、というか自由だからこそ責任も併せて教えてるのかとも思いました。

「地上の中の命がどれもみんな大事で自分も生かされてる存在で、
生き物に触れずに大きくなった人と比べることができたら、命の感じ方が違うのではないかと期待している」

*『土と育つ子どもたち〜自由学園初等部 日々の生活と学びの記録〜 』

構成・編集:纐纈あや/撮影:石井和彦/MA:石川雄三
製作:株式会社やしほ映画社/協力:自由学園
(2018年/日本/Color/42分)

予告編 https://vimeo.com/267066877

*『土と育つ子どもたち』

土にふれ、種をまき、いのちを育む子どもたちが、なんて生き生きとしていることでしょう。なんて喜びにあふれていることでしょう。日々変化し成長する畑のいのちにふれることを通じて、子どもたち自身のいのちも成長していることが伝わってきます。映像に切り取られた子どもたちの姿から、日々の生活の中に大きな学びの可能性があることを、そしてそれらを生きる上での知恵や知識に結びつけていくことを目指している自由学園の教育の取り組みを、多くの方に知っていただけたらと思います。

自由学園 学園長 高橋和也

●11/17 纐纈あや監督特集 『土と育つ子どもたち』『ある精肉店のはなし』上映と監督トーク

“長岡市男女平等推進センターウィルながおか 「第32回ウィルながおかフォーラムイベント」”

*日時 2018年11月17日(土)
①10時30分~ 『土と育つ子どもたち』(42分) 上映後 纐纈あや監督トーク
②13時20分~ 『ある精肉店のはなし』(108分) 上映後 纐纈あや監督トーク

予告編   
https://www.youtube.com/watch?v=DaBSy3Mo4PY&feature=youtu.be

*入場料 
前売 1作品 1000円、 2作品 1500円
当日 1作品 1200円 障害者手帳、療育手帳をお持ちの方、高校生以下(学生証を提示願います) 500円

プレイガイド アオーレ長岡3階ながおか市民協働センター/文信堂書店長岡店/西時計眼鏡店 ほか

*実行委員(ボランティアスタッフ)随時募集中。

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話09045204222 e-mail nagaokatsukurukai@gmail.com
Blog http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/

| 未分類 | 20:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

座C!nema 渋谷悠監督



今回の座C!nemaでは『原田裕司/ 田村専一特集』のほかに『渋谷悠~特集~』も観賞。
名刺をいただいたら監督・脚本家・舞台演出家の肩書きを持つ渋谷悠監督の作品で
ビューラー先生の教え子の学生が推薦して今回の上映会と監督の来岡が実現したもの。

脚本・プロデュースを担当し、欠落していく自転車と自己再生を重ねた『自転車』 
ワークショップから派生して俳優のエチュードを重ねて映像作品にまで昇華した『Just One Look』
低予算でいかにファンタジーを作り上げるか創意工夫を重ねた『始まりの試験』
以上の三本の短編作を上映。

驚いたのは一作が上映を終えるたびに渋谷監督が登壇し、
ここにいるのは映像を学んでる学生が多いと聞いたので、
と前置きして上映した映画をもとに裏話も含め講義をされたこと。

ただ単に映画が好きということで映画を観るだけ、
あとわずかに映画本を読んでただけの担当者からすれば、
思えば映画の講義など受けた覚えがなく、なるほどなるほどと参考になりました。

それ以上に渋谷監督が饒舌に語る姿、
後でパーティでもお話を少しましたが、
英語も堪能のようで自作には英語の字幕をつけ
海外の映画祭でもたびたび作品が上映されるなど
自信に満ちた語りを聞いてて、こんなタイプの監督初めてだなぁと思ってました。

すっかり自主映画の世界から離れておりましたが、
なるほど自主映画とはいえ海外を常に視野に持って活動をしてるのが、
今のムーブメントであり標準なんだろうかと思いました。

渋谷悠公式HP https://www.shibu-shibu.com/

| 未分類 | 17:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT