長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

≫ EDIT

『標的の島 風(かじ)かたか』 in シネ・ウインド

3d97c27477d8778d5b296f4fe8c2c36b.jpg

「私は自分の映画に描かれている海上保安庁の若者も、機動隊の若者も、自衛隊の若者も、守りたいです。彼らの命はもちろん、尊厳も守りたいです。そのために、なぜいがみ合う構図が作られているのか。この国の舵取りは誤っていないか。それを問い続けて、皆さんと一緒に考えていく映画を作っていきたいです。」

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1446.html↑『戦場ぬ止み』長岡上映会に寄せていただいた三上智恵監督のメッセージが頭をよぎったのが終盤、
再び起きるかもしれない戦争で何十年ぶりの戦死者となった兵士への思いを歌った
七尾旅人が歌う『兵士Aくんの歌』が流れる場面、
そして抗議のために立つ若い女性の視線を受け止められない若い機動隊員、、、

七尾旅人 "兵士Aくんの歌" (映像作品『兵士A』より)
https://www.youtube.com/watch?v=BpCMvXlhmIk&feature=youtu.be

那覇の抗議の追悼大集会から石垣島、宮古島、高江、辺野古と拡がっていく
沖縄の地で起きてる問題の現状を記録するために三上監督とスタッフとともに駆け抜けていく。
事態はさらに混沌さを増していき全く見えない着地点を手探りで探るようなもので、
徒労という言葉がよぎるかもしれませんが、
「この国の舵取りは誤っていないか」
↑とても大切な問いかけとともに今起きている私たちの問題について提起しているので、
決して目をそらすことができない映画でした。

そして改めて
抗議のために立つ若い女性の視線を受け止められない若い機動隊員、、、
これは視線を受け止められないのは自分のことだと深く痛感した次第です。

かつて成田闘争を記録した『三里塚』シリーズのドキュメンタリー映画の第一人者・小川伸介監督がいましたが、
三上監督の仕事はまさしく小川伸介監督の遺志を継ぐものではないか、
不当に虐げられてる者の尊厳を記録している姿勢に深い敬意を。

===================================

本人がやっていないと一貫して言っているにもかかわらず、6ヶ月を超えて現在も勾留されている人がいることにほぼすべての国民が無関心だ。これではテロ等準備罪の成立を止められるわけがない。テロやスパイの嫌疑をかけられて、自分は違うと立証するのは非常に難しい。目をつけられたら罪人に仕立て上げられる。そういう社会なら声を上げる人は極端に減るだろう。もし博治さんのような人がテロリストの親玉に仕立て上げられたら、次は演説に拍手していた人々まで引っ張られる。そんな監視社会が訪れる。沖縄の平和運動のリーダーたちの逮捕・勾留は共謀罪の先取りで、国はどこまで国民が騒ぐかを注視しているのだと早くから指摘されてきたが、その実験の結果、今の国民の無関心は国に自信を与えてしまっただろう。

罪を犯しているのは国ではないのか~博治さん法廷へ
三上智恵の沖縄撮影日記

http://www.magazine9.jp/article/mikami/33083/

『標的の島 風かたか』は沖縄慰霊の日の翌日6月24日より7月7日まで新潟県内ではまずシネ・ウインドで公開されます。
https://www.cinewind.com/line-up/#coming

また三上監督の前作『戦場ぬ止み』は6月11日にクロスパルにいがたで上映されます。
https://www.cinewind.com/news/18109/

『標的の島 風かたか』
http://hyotekinoshima.com/

| 未分類 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ツイン・ピークス The Return



「フクロウは見かけと違う」

あの『ツイン・ピークス』がまさかの25年ぶりに復活、新シーズンを撮影開始なんてニュースを知っても半信半疑でしたが、明日5月21日ついに全米で放送開始だそうで、かつてWOWWOWでなくVHSのレンタルを今か今かと続きを待ってた担当者はもちろん、当時の“ピーカー”も興奮してるんではないかと思います。

ドラマは、田舎町ツイン・ピークスで、評判の美少女だったローラ・パーマーが何者かに殺される事件が起き、FBI捜査官のデイル・クーパー(カイル・マクラクランさん)が地元保安官のハリー(マイケル・オントキーンさん)と捜査に取り組む。実は、小さな町の裏では愛憎や欲望、裏切りに満ちた人間関係があり、次々と常識を超えた怪現象が発生する……という内容。
https://mainichi.jp/articles/20170517/dyo/00m/200/021000c

↑確かにそうなんですが、そこにキテレツな登場人物が入り乱れ、捜査はどんどん横道にずれていき、軌道修正する気もさらさらなくて謎は謎のまま拡散し、収集されることなどなく迷宮入りしたかと、、、、そこへまさかの復活が実現なので歓喜歓喜です。

1992年のちょうど今頃に市民映画館をつくる会ではNCホールを借りて一週間ぶっ続けで『ツイン・ピークス ~ローラ・パーマー最期の7日間』を上映しました。
振り返ればすでにブームは下火と言われてましたが、この上映会は連日盛況だったので、今思えばあんな人気作をよくやれたなぁ、とおもいます。
ついでに最終日にやらかしてしまいましたが、あれはネット時代の今なら炎上ものだろうなぁ、と。

しかし映画版で思わせぶりに登場し消えてしまったデヴィッド・ボウイとデヴィッド・リンチはその後にぜひがっぷり四つに組んで映画を撮ってほしかったとか、『24』に出演前のキーファー・サザーランドも出てただんだよなぁ、そういや女装の麻薬捜査官をテレビ版で演じて「キャリアはもう終わった」と嘆いてたデヴィッド・ドゥカヴニーはその後に『Xファイル』で大ブレイクしながら、今回の新シーズンで同じ役で登場などこれも嬉しいじゃないかと。

今回の新シーズンの撮影はすでに終わりデヴィッド・リンチ自ら全18話、長編20時間を全て演出という気合の入れ方。
あんまり信じたくありませんが劇映画の引退宣言を先ごろ発表したリンチにとってキャリアの集大成になるのかもしれません。
当時なぜあんなにハマってたのか、全編を覆ってた毒と闇へ抗うことなく引き寄せられてたことが大きかったように思うのですが、
すでに21世紀はかつて夢にしたようなバラ色でもなんでもないと認識している今、リンチは毒と闇を再びテレビで覆おうとしてるのかと期待したりします。

『ツイン・ピークス The Return』はこれを書いてる現在、LAでワールドプレミア上映され、明日から全米放映。
日本ではWOWOWで7月22日より独占放映とのこと。
http://www.wowow.co.jp/drama/tp2017/
開始直後のWOWOWの視聴者獲得に『ツイン・ピークス』は大きく貢献したかと思います。

ついでに『ツイン・ピークス』はキレイなお姉さんがワンサカ登場したのも魅力のひとつでしたが、新シーズンには担当者もゴードン捜査官も一目惚れしたシェリーが再登場!
まさかリンチ御大自ら演じて悪ふざけしてたゴードン(画像)とシェリーのその後もあるのか?
そもそもテレビシーズンの最終話であ~なっちゃったクーパー捜査官は無事に社会復帰してるのか?
当時を思い出すと次から次へと、あれはどうなるのかと脳裏に浮かぶのが改めてこのドラマの魅力でした。

| 未分類 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新潟県母親大会 特別企画 映画『この世界の片隅に』



日常の中で戦争が忍び寄り、やがて取り返しのつかない事態となるまでを丹念に綴った『この世界の片隅に』
後世に残る名作なことに非を唱えることはなく、その数ある印象的なシーンの中で、
絵を描くことが好きなすずさんが何気に畑から目にする軍艦を写生してたところ、
突然憲兵に掴まってしまい「間諜(スパイ)か!」などと罵倒されるシーンがあります。
そのすぐ後に憲兵が帰った後に家族みんながすずさんがスパイなわけないだろうと大笑いというオチには違和感を覚えたのは、あの当時はいざとなったら憲兵は容赦なく拷問まで行ったのではないかという気がしたので、あんなに笑えるもんだろうかと疑問に思ったのも事実でしたが、
このエピソードは「サザエさん」の原作者の長谷川町子先生がマンガの仕事で海をスケッチしていたら、
海の向こうの軍事基地を描いてただろうと因縁つけられスパイ容疑で憲兵にとっ掴まった実体験を元ネタにしているそうです。
長谷川町子先生は釈放まですったもんだしたそうですが。

本日、衆議院にて与党が「共謀罪」法案を強行採決しました。
以前は写生をしてとっ掴まってしまいましたが、いづれはスマホで撮影しただけでとっ掴まるような世界を誰が望んでいるのか、とりあえず本日ウロチョロしていたら、お世話になってる団体が『この世界の片隅に』の上映会を開くと知ったので、これも何かの繋がりかと思いご紹介します。

新潟県母親大会 特別企画『この世界の片隅に』

http://konosekai.jp/

日時 7月9日(日)10時~
会場 長岡市中之島文化センター 
会員券 800円(映画観賞は整理券が必要 お問い合わせください)

主催 第63回新潟県母親大会実行委員会
問 電話025-223-5200
   FAX025-223-5221 

| 未分類 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『大地を受け継ぐ』 江古田映画祭グランプリ受賞

DAICHI繧オ繝・_convert_20170518213730(C)「大地を受け継ぐ」製作運動体

3月11日に長岡でも上映した『大地を受け継ぐ』が、
東京都中野区で開催された「第6回江古田映画祭」にてグランプリを受賞しました。

先日、たまたま長岡で観た福島出身の方より
「本当に良かった」と感想を聞いて、やはり観た人の心に刻まれる映画なんだと思ったりしてました。
井上淳一監督、制作進行の長谷川さん、そして小林三四郎プロデューサー、おめでとうございます!

↓選考理由

グランプリ 『大地を受け継ぐ』

2015年5月、10代から20代の学生11人が福島県須賀川市の農家に向かい、お話をたっぷり聞いて帰っていく・・・。映画の構成はいたってシンプルです。しかし、若者たちを相手に、農家の跡取りである樽川和也さんと母の美津代さんの話は衝撃的なものでした。父が原発事故から2週間目に自ら命を絶ったのです。常識的にはありえないほどの長い長い語り。それにとんでもない力がありました。映画は調和や形式ではない。どれだけ力があるかがいのちだ。そのことを強く教えられた思いがいたします。井上淳一監督のトークもまた胸に深く突き刺さるものでした。わたしたちは、その挑戦的な制作姿勢を含め、原発事故から6年たった今こそ見られるべき作品だと思い、ここにグランプリを差し上げることといたしま した。

https://www.facebook.com/ekodaeigasai/?fref=ts

http://www.labornetjp.org/news/2017/1485316987887staff01
↑今年の江古田映画祭のラインナップですが、よくこれだけ3.11関連の作品を集めたものだとすばらしく思いました。

『大地を受け継ぐ』公式HP https://daichiwo.wordpress.com/


| 未分類 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

講談社文庫 『レミングスの夏』



長岡出身・五藤利弘監督が映画化した竹吉優輔著『レミングスの夏』が
講談社文庫にて昨日発売されたのでお世話になってる文信堂書店に買い求めに行きました。
あわせてこちらの店長は大のビートルマニアで、
当然、先月のポール・マッカートニーコンサートも担当者と同じ日に観に行ったので、
感想でも語り合おうかと思ってたら、残念ながら店長はお休み。
変わって顔見知りの女性店員さん(店長の奥様です)に『レミングスの夏』は売ってないか?
と尋ねたら、探していただき一冊入荷してるのを見つけて即買いしました。
今なら文庫本の腰巻が映画のスチール写真が使われてお得なので。

女性店員さんにこの本を映画化したのが五藤監督と強調し、
店長にも伝えるように依頼。

「五藤監督を応援してるので、できたら監督に手書きの推薦文ポップを書いてもらえないか」
などと言われたので機会があったら伝えてみようと。

一冊買いましたが、幸いすぐにまた入荷するそうなんで、
五藤監督を応援してる文信堂書店でぜひお買い求めください。

こちらも久しぶりに読書でもと思ったりしますが、
表紙をめくったら原作者のプロフィールがあり、
著書に『デッド・オア・アライブ』『ペットショップボーイズ』ってこれ絶対狙ってるだろ、と。

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062936699

| 未分類 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

入江悠監督 『22年目の告白 -私が殺人犯です-』



入江悠監督の快進撃が止まらない模様でテレビ東京で放映中の『SRサイタマノラッパー 奥の細道』を進めながら、
本日は新作『『22年目の告白 -私が殺人犯です-』がジャパンプレミアとのこと。
今回、配給ワーナーブラザーズ、制作ROBOTととてつもない会社が並んでるだけに、
これまで以上の豪華キャストを揃えてるようで、
かつてこれが駄目なら映画を諦める覚悟で自主制作で挑んだ『SRサイタマノラッパー』が、
映画ファンの間で大きな話題となって長岡アジア映画祭にも上映とともにお越しいただいたのですが、
全国各地をまわってついに収入が途絶えて家賃が払えず深谷の実家に戻ったなんて話を、
その後に聞いて、ホントにいろいろ思うことがあったりしましたが、
大きなチャンスを掴んで手放さず、『ジョーカーゲーム』『日々ロック』『太陽』と監督作が
Tジョイ長岡で公開され足を運んで“入江悠”という名前を見るたびに嬉しく思ってます。
ホント映画を観ることとこんなブログで紹介するくらいしか応援できませんが、
『SRサイタマノラッパー』に感動を覚えた者として応援していきたいと思ってます。

『22年目の告白 -私が殺人犯です-』は6月10日より、もちろんTジョイ長岡を含め全国公開されます。
しかしこれはあの韓国映画のリメイクなのか。

http://wwws.warnerbros.co.jp/22-kokuhaku/

| 未分類 | 19:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

十日町きもの女王



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1468.html
↑こちらに書いた丸山桃子さんとともに杉田愉監督のミューズで十日町きもの女王に輝いた品田涼花さんが
先ごろ、5月3日に開かれた第41回十日町きものまつりに参加し、
撮影会や茶席など数々の出務をにこやかな笑顔でこなしてたと杉田監督から報告があり、
届いた写真がとても艶やかで、まさに女王にふさわしくとても美しいのでご紹介します。
(画像の品田さんは赤の着物を着た方)

品田さんは精力的にテレビやラジオにも出演しているようで、
ますますの活躍を期待してます!

↓品田さんのブログ 『十日町きもの女王ブログ』
http://blog.kimono-queen.jp/?p=1667

| 未分類 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT