長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

≫ EDIT

佐藤真が遺したもの



http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1601.html
↑こちらで紹介した佐藤真監督の特集『映画監督 佐藤真と新潟と』
現在、砂丘館ギャラリーで関連企画展「映画監督・佐藤真の新潟 反転するドキュメンタリー」が開催中で9月23日~10月6日にシネ・ウインドで特集上映『佐藤真が遺したもの』が開催され、映画のみならずビデオ作品など、ほぼ全映像作品が上映されるようです。

先の小林茂監督宅でシネ・ウインドの井上支配人の話し合いの中で、担当者が関心を持ったのは、これまで『阿賀に生きる』はじめ撮影作品をフィルムで撮っていた小林監督が初めてビデオで撮影した作品として『狐火伝説の町・津川』(95)とNHK・ETV特集で放映された『写真で読む東京』(96)

小林監督は同時期に監督した『自転車』(99)でもフィルムで撮影していたので、てっきり佐藤監督ともフィルムに固執していたなど勝手な印象を持っていたので、なるほどこのころからビデオで撮影を始めたのかと脇で聞いていました。

今回の特集上映に小林監督は9月30日17時15分からの『阿賀に生きる』ライブコメンタリー上映で参加、お相手が『阿賀に生きる』の仕掛人・旗野秀人さんなので、にぎやかな上映になるかと思います。

担当者の記憶の中の佐藤真監督はいつぞや『阿賀に生きる』のシネ・ウインドでの何度目かのリバイバルでの小林監督との対談。
撮影の様子を振り返り徹底的に攻めまくってた小林監督の攻撃口撃を佐藤監督は笑いながら受け流しており、終了後の打ち上げの末席に参加してたら、ここでも笑顔が絶やさずにずっと笑っていた印象でした。
その後、何度目かの山形国際ドキュメンタリー映画祭で確かに記憶があるのが、その日のプログラム終了後の宴席でなぜか隣の席に佐藤真監督がいて、これまた終始にこやかに笑っていたことでした。
格別、面識があるわけでもないので声をかけずにおりましたが、あ~佐藤真監督だと思ってお姿を拝見していました。
だから佐藤真監督はいつも笑っている印象でした。

そして『第9回長岡アジア映画祭』で『阿賀の記憶』が全国初上映され、残念ながら佐藤監督は当時ロンドンに映画留学に行ってて長岡にはお越しいただけませんでしたが、その年に上映のお礼とともに年賀状を送ったら、ご丁寧に新年お返事が届きました。
映画祭後に中越地震が起きたので、お見舞いと励ましの言葉をいただき感激した覚えがあります。

あと最近、佐藤真監督とのエピソードでお世話になってる酒屋さんは佐藤監督とも親交があり、飛びっきりのエピソードを聞きましたが、「いいか、これは黙ってろよ」と念を押されたので担当者と酒屋さんとの秘密にしていきたいと思います。
秘密にするにはホントにもったいないエピソードなんですが、、、、

9/23(土)~10/6(金)特集上映「佐藤真が遺したもの」
https://www.cinewind.com/news/satou-makoto/

山形国際ドキュメンタリー映画祭でも特集上映が組まれます。
あれから10年:今、佐藤真が拓く未来
https://www.yidff.jp/2017/program/17p8.html

| 未分類 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月19日 長岡出身・東條政利監督 『地の塩 山室軍平』長岡上映会



昨日に引き続き11月19日(日)は酒井充子監督『台湾萬歳』のほかに長岡アジア映画祭実行委員会!主催で
長岡出身・五藤利弘監督『レミングスの夏』とともに同じく東條政利監督の新作『地の塩 山室軍平』の上映も決定しました。

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話090452042222

こちらも時間、料金など詳細は決まり次第、こちらに掲載します。

11月19日は午前に『台湾萬歳』、お昼過ぎに『レミングスの夏』、夕方に『地の塩 山室軍平』

『地の塩 山室軍平』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=f3souacV3zU

『地の塩 山室軍平』公式HP
http://yamamurogunpei.com/

| 未分類 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月19日 長岡出身・五藤利弘監督 『レミングスの夏』長岡上映会



11月19日は酒井充子監督『台湾萬歳』のほかに長岡アジア映画祭実行委員会!主催で
長岡出身・五藤利弘監督の新作『レミングスの夏』の上映も決定しました。
もちろん五藤監督も来場してくださいます。

会場 アオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!
問 電話090452042222

こちらも時間、料金など詳細は決まり次第、こちらに掲載します。

『レミングスの夏』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=zJ6vfPcppb4

『レミングスの夏』公式HP
https://www.lemmings72.com/

| 未分類 | 18:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

柴田昌平監督 NHKスペシャル 『黒潮 ~世界最大 渦巻く不思議の海~』



『731部隊の真実~エリート医者と人体実験』『樺太地上戦 終戦後7日間の悲劇』『戦慄の記録 インパール』『スクープドキュメント 沖縄と核』、、、、
今夏、NHKスペシャルが戦中・戦後に焦点をあてたドキュメンタリーの骨太力作を連打し、
さすがはNHKとここ数年、NHKといえば現政権への忖度がはこびってるのが露骨に映るだけに、現政権が触れられたくないような作品群を放映することに異様とも言える力の入れ具合を感じました。

なんというか企画から取材・撮影・編集・放映までプロデューサー、ディレクターは様々なプレッシャーがかかったのではないかと想像し、その道のりなどもそれこそ番組化してほしいと思いましたが、ある意味、テレビドキュメンタリーの金字塔と言ってもいいNHKスペシャルを手掛けるディレクターの一人に柴田昌平監督がいます。
『千年の一滴 だし しょうゆ』もNHKスペシャルの『和食』をさらに拡げ取材を重ねて映画化したほか、
逆に映画『森聞き』からスピンオフしNHKスペシャルで放映された『クニコおばばと不思議の森』は大絶賛され柴田監督の代表作と言っても過言でありません。

その柴田監督からBCCメールが届き転載します。
今度は『和食』『千年の一滴 だし しょうゆ』でカツオ節を取材した経緯から、“海”に目が開かれて『黒潮』をテーマにしたそうです。
放映は9月17日(日)午後9時からなので、お時間がありましたらぜひとお勧めします。

==================================

たいへんご無沙汰しております。
1年半にわたって取材してきた番組が放送されますので
ご案内いたします。

---------------------------------------------------------
NHKスペシャル
「黒潮 ~世界最大 渦巻く不思議の海~」

【放送】NHK総合テレビ 
9月17日(日)午後9時~9時49分

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170917
---------------------------------------------------------

多くの日本人にとって、
耳にしたことはあっても遠い存在である「黒潮」。
私にとってもあまりに遠い存在でした。
「和食」の取材を通して、カツオ節、その向こうにある海の存在に
目を開かれました。
今回、「黒潮」を改めて取材させていただき
黒潮が海の生活のみならず
日本列島の生活の隅々に深く関わっていることを知りました。
大自然の不思議さ、しかしそのバランスが崩れる中で格闘する漁師さんたち。
知っているようで知らない海を、身近に感じていただければと思います。
ぜひご覧ください。

柴田昌平


※再放送は、9月21日(木)午前1時~1時49分(9月20日深夜)に予定されています。

**************************************
プロダクション・エイシア

=================================

黒潮  ~世界最大 渦巻く不思議の海~

日本人の暮らしや文化に影響を与えてきた、海のハイウエー「黒潮」。このエネルギーの奔流は、多くの謎に満ちている。黒潮は、もともと極めてプランクトンが乏しい流れだが、それがなぜ、カツオやマグロなどの無数の魚群を養えるのか?さらに、どのようなメカニズムで日本列島に湿潤な気候をもたらしているのか?こうした謎が、最新の研究で解明されつつある。スーパーコンピューター「地球シミュレーター」や、精度を増す人工衛星の観測データが突き止めた黒潮の姿。それは至る所で大小無数の「渦」を巻く、世界にも例を見ない流れだった。この「渦」が黒潮を豊かな流れへと変え、「低気圧のゆりかご」を生み出し、多くの雨を降らせていたのだ。さらに研究からは、渦の生成に、日本沿岸の複雑な海岸線や海底の地形が深く関わっていることがわかってきた。黒潮は日本の風土を形作る一方で、日本列島と出会うことで初めて生み出された“奇跡”の流れだった。番組は、黒潮源流部のフィリピン沖から太平洋中緯度の〝黒潮の墓場〟までの1万キロを、カツオの「旅」と人々の営みを交えたどっていく。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20170917

| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月19日 『台湾萬歳』 長岡上映会



昨年は『ある精肉店のはなし』を上映したウィルながおかフォーラムイベントに
今年は酒井充子監督『台湾萬歳』の上映会で参加します。

『台湾人生』『台湾アイデンティティー』『空を拓く 建築家・郭茂林という男』と台湾に焦点をあて、
ドキュメンタリー映画を撮り続けている酒井充子監督最新作です。

上映日は11月19日(日)
会場はアオーレ長岡市民交流ホールA

主催 長岡アジア映画祭実行委員会!/ 長岡市男女平等推進センター
問 電話090452042222

時間、料金など詳細は決まり次第、こちらに掲載します。

さらに現在、大変素敵な方にお越しいただき上映とともにトークを依頼中です。
ぜひともご期待ください。

『台湾萬歳』予告編
https://www.youtube.com/watch?v=7bX6eNscA84

『台湾萬歳』公式HP
http://taiwan-banzai.com/

『台湾萬歳』は9月16日~9月29日にシネ・ウインドでも公開されます。
https://www.cinewind.com/

*また11月19日は長岡出身の五藤利弘監督、東條政利監督の新作の上映会も予定してます。
ようやく会場を使用できる時間のめどがついたので詰めてまたこちらに掲載いたします。

| 未分類 | 06:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「小林茂の仕事」Oタスケ隊2



『長岡監督短編映画特集+』

今回、小林茂監督の都合がつかず『自転車』の上映にお話しいただけなかったので、
トークをお願いしたのが「小林茂の仕事」Oタスケ隊 のメンバー須藤さん。

http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-244.html
↑この時の『阿賀に生きる』三条上映会でもご紹介してましたが、担当者が最初に知ったのが確か17年くらい前になるのか小林監督作『わたしの季節』上映前のイベントがクックテールくぼたであり、そこでお会いしたと思うのですが、それ以前から顔は知っていたかもしれません。

小林茂監督の高校時代の同級生、正確に言えば中学時代から知っていたそうですが、
日ごろから献身的に小林監督を支えている姿をよく拝見していたので、今回トークをお願いし快く引き受けてくださいました。

本番では小林監督との出会いからどのような気持ちで映画つくりをしているのか、側近から目にした小林監督の姿と自身もとても好きな作品である『こどものそら』から『自転車』について語り、現在また小林監督が映画つくりに入ってることを伝え支援をお願いしていました。
たぶん小林監督が信頼を寄せて語り合え、そこから映画つくりのヒントが生まれる関係だと思うのですが、やはり映画をつくる上で多大な理解者が身近にいることは監督にとって大きな励みになっているのだろうと思います。

今回、こちらの上映会を手伝いたいという青年が初参加しました。
映画が好きとはいえハリウッド映画を中心に観ているようでしたが、客席で『自転車』を観てとても感銘を受けたのか、須藤さんも手伝っていただいた後片付けを終えた後にこの青年が『自転車』について須藤さんに尋ね、須藤さんも熱心にレクチャーしている姿を横目で見て、たぶん『自転車』のような映画を初めて観たと思うこの青年の映画観が拡がったことが、今回の『自転車』上映の中の収穫のひとつなんだろうと思ってました。

須藤さんどうもありがとうございました。これからもよろしくお願いいたします。

小林茂監督 「魂のきせき」製作趣意書
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1606.html

| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

生搾り豆乳ソフトクリームをデザートに


『長岡監督短編映画特集+』

「大林監督の尾道三部作は自分が最も多感だった頃に観て感激した作品です。
そして内藤監督が脚本を書いた大林監督の『転校生 さよならあなた』はその年の自分のベストワンでした。
今日の舞台挨拶で内藤監督の話を聞きながら、自分が大林監督に夢中になってた頃がぶりかえしました。
お越しいただきありがとうございます。
そして五藤監督、誘っていただきありがとうございました」

上映を終えての懇親会が宴もたけなわとなった頃に各自が自己紹介するなかで担当者はこんな挨拶をしました。

一時期確かに自分は大林映画に夢中になり貪るように観たり著作を読んでましたが、ワケあって距離を置いた頃に大林映画を支えてた内藤忠司監督にこんな形でお会いし、お話しできるのもつくづく不思議に思ってました。

『春待ちかぼちゃ』上映後のトークで五藤監督とのエピソード。
五藤監督がまだ監督になる前に脚本を書いた自作の麻雀モノのVシネマのエピソード、二人とも麻雀がよくわからないのに仕事を引き受け、五藤監督が知り合いの麻雀好きに取材した脚本を書き現場も手伝いに来てたので、撮影中どうしてもシーンを減らさなければならなくなったら五藤監督に頼んで脚本を変えて書き直してもらい、現場に脚本家がいるのは大変助かった、というエピソードを飄々とした語り口でお客さん達は大喜びしながら、現在の映画界の問題点について辛辣な意見を述べて、その真摯な眼差しと語りにいつしか皆さん聞き入っておりました。
なんというか映画界を知り尽くした映画人の話だけに、その場にいた皆さんは大変貴重な話を伺ったのではないかと。

翌日に五藤監督が内藤監督を連れてお世話になってる栃尾の油揚げの名店・豆撰さんへと伺うというので同乗させていただき、頃合いを見て内藤監督にそもそもの発端の大林監督の出会いからたくさん聞かせていただきました。
担当者は若かりし頃の市民映画館をつくる会が出来た1990年になるのか、大林監督がNCホールで講演会を開いた後に楽屋を訪れ、当時のつくる会のメンバーの後についていき憧れの大林監督に質問をして直立不動で聞いていた頃の自分をこの内藤監督との話の中で重ね合わせてました。
あれからもう、随分すれっからしになってしまった身にとってなんというか初心を思い起こさせてくれました。

ちなみに内藤監督が最近観た映画で絶賛していたのがポール・バーホーベン監督の変態映画らしい『エル ELLE』
そして試写会で観た大林監督の新作『花筐/HANAGATAMI』は大絶賛していました。
ちなみに大林監督もポール・バーホーベン監督もともに1938年生まれの79歳。
接点はないと思ってましたが、同い年と知ると何やら因縁めいたものを感じます。
両者とも戦時中に幼年期を過ごし、過剰な暴力描写を描きながらも戦時下のトラウマから逃れなられないようなポール・バーホーベン、
その戦争体験を糧に平和への思いを一作ごとに強烈に染み込ませている大林監督と。
あとどちらも変態性を隠さないとこなど(失礼)

内藤監督との話の中で印象深かったのが80年代の大林監督の量産期に助監督として参加していたエピソード。
助監督の役目として監督の方針をセーブしながら予定通りに作品を仕上げることと受け取り、それだけに当然仕事上の衝突もあったようですが、それが大きな絆となって今も互いに本音を語り合える深い仲というのが伺えました。

写真は豆撰さんで美味のあぶらげ定食をいただいた後にデザートとして、いただいた生搾り豆乳ソフトクリームを手にするお二人。
このソフトクリームは豆の味と香ばしさが口いっぱいに広がって、なんというかこれまで食べたことない新鮮な味でとても美味しかったです。
おそらく栃尾の空気とあわせて口にするから余計にうまいように思いました。

それにしてもこちらと相席になったお客さんに五藤監督と内藤監督を紹介する女将さん(でいいいのでしょうか)の姿を見てて、本当に五藤監督は栃尾で映画を撮影したことで、こんな大きな味方を得て、本当の財産だと思いました。
栃尾から映画を観に来ていただきありがおうございましたとごちそう様でした。

豆撰公式HP http://mamesen.jp/

| 未分類 | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT