長岡アジア映画祭実行委員会!ブログ

新潟県長岡市で活動します長岡アジア映画祭実行委員会!です。

≫ EDIT

豊田直巳、まとめてのお知らせとお願い

今年、3月11日に『奪われた村』上映とともにスライドトークでお話ししていただいた
豊田直巳監督よりお知らせのBCCメールが届きましたので転載します。

5、学芸大チラシ校正用20180709toyoda-s

豊田直巳、まとめてのお知らせとお願い
お世話になっている皆様
フォトジャーナリズムの仕事をしてます豊田直巳です。
BCCの一斉ですいません。

さらに、またまた「まとめて」①〜⑦のお知らせとお願いで、重ねてすいません。

さっそく

①ご推薦と図書館リクエスト願い

拙著・写真絵本『それでも『ふるさと』」シリーズ全三巻のご推薦・リクエストなどのお願い。
聞くところによりますと、いまが小中高の学校図書館、図書室の購入図書の選定の時期のようです。
そこで、ぜひ、拙著をお知り合いの教員に、図書館司書に、学校に、推薦して下さい。(参考・新聞書評など添付します)

http://shop.rural net.or.jp/b_no=01_54017186/

②西東京市・写真展と講演

 来週(6月18日)から西東京市で写真展『叫びと囁き』が。24日(日)には、私のスライドトークがあります。是非、いらして下さい。またお知り合いにお知らせください。

http://nonuke-ntyo.cocolog-nifty.com/blog/2018/06/index.html

③小金井市・東京学芸大学で『奪われた村』上映+豊田監督トークライブ

7月9日、東京学芸大学講義棟N403教室で。また環境教育研究センターでは7月2~16日、豊田の「仕事展」があります。
是非、いらして下さい。またお知り合いにお知らせください。

④早稲田大学・ワセダギャラリーで写真展『イラク15年』で。

イラク戦争の開戦から15年。15年前、砲爆撃下でイラク戦争を撮影取材した者として。
豊田直巳写真展 『イラク 戦火の子どもたち』 
早稲田大学・小野記念講堂(27号館) ワセダギャラリーギャラリー  7月12日(木)〜25日(水) 
ギャラリートーク 12日(木)17:30〜 14日(土)13:00〜 21日(土)12:00〜 13:30〜 15:30〜

⑤早稲田大学・大隈小講堂『イラク戦争15年・最新現地報告と自衛隊日報問題』

早稲田大学・大隈小講堂・7月14日(土) 14時〜18時
イラク・バグダッド最新取材報告・綿井健陽(ジャーナリスト)支援現場・佐藤真紀(JIM-Net)元米兵ウィル・グリフィンシンポジウム 半田滋(東京新聞)+布施祐仁(ジャーナリスト)+綿井健陽+志葉玲(ジャーナリスト)司会:豊田直巳

⑥早稲田奉仕園・写真展『叫びと囁き』+ 『奪われた村』上映+トークライブ

豊田直巳写真展「叫びと囁き フクシマ7年・尊厳の記録と記憶」
早稲田奉仕園スコットホール 7月11日(水)~25日(水)*14日(土)休 ギャラリートーク 12日(木)16:30〜 18:15〜
映画「奪われた村」上映会&豊田直巳監督トークライブ
早稲田奉仕園内リバティホール 7月21日(土)上映+トークライブ①13:00〜 ②15:30〜 17:00(ギャラリートークのみ)

⑦ ボランティア募集

上記の、とりわけイラク戦争15年の写真展とシンポジュームのお手伝いを求めております。
1、広報、ネット広報など
2、写真展の展示作業、撤去作業、シンポジュームの準備、受付など諸々

是非、ご連絡をお待ちしております。

2018年6月14日
豊田直巳拝

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
豊田・新作ドキュメント『奪われた村』http://ubawaretamura.strikingly.com
共同監督映画『遺言~原発さえなければ』 http://yuigon-fukushima.com/
豊田直巳公式HP『境界線の記憶』http://www.ne.jp/asahi/n/toyoda/
豊田直巳戦火の子どもたち写真展を広げる会
http://senka-kodomotachi.cocolog-nifty.com/blog/1/index.html

| 未分類 | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

8月15日 『標的の島 風かたか』



高畑 勲(アニメーション映画監督)

この映画の明るさはすごい。抵抗し、ごぼう抜きにあいながら、人々は歌う、踊る、笑う。一人一人が昂然と胸を張っている。みんなのあふれ出す命の輝きに胸打たれ畏敬の念を覚える。本土から派遣された機動隊員の顔の死んだような無表情に、私たち本土の人間の沖縄に対するうしろめたさを重ね合わせずにはいられない。辺野古・高江だけでない。沖縄県の島々を自衛隊が新たに基地化し、国は沖縄全体を仮想敵国の“標的”にする気なのだ。この映画はそれを教えてくれる。

↑高畑勲監督が寄せたコメントを読み返して『標的の村』『戦場ぬ止み』と三上智恵監督作を上映してきたこちらとしては、更に現在進行形で着地点が見えず、混沌としたままダイレクトにこちらに突き刺さる三作目『標的の島 風かたか』の上映に手を挙げないのはどうかと腹を括り8月15日(水)18時を予定して『標的の島 風かたか』の上映会を企画します。
会場はアオーレ長岡市民交流ホールAです
現在、沖縄の現状に詳しい方から上映後のお話をしていただく快諾をいただき、
配給会社とは折衝をしており正式に確定しましたら、またこちらに掲載したいと思います。

「私は自分の映画に描かれている海上保安庁の若者も、機動隊の若者も、自衛隊の若者も、守りたいです。彼らの命はもちろん、尊厳も守りたいです。そのために、なぜいがみ合う構図が作られているのか。この国の舵取りは誤っていないか。それを問い続けて、皆さんと一緒に考えていく映画を作っていきたいです。」

↑昨年3月11日の『戦場ぬ止み』長岡上映会に寄せていただいた三上智恵監督のメッセージです。
思えば一昨年の8月15日に第一作『標的の村』上映会を開きましたが、あれから重みがさらにさらに増している気がします。

『標的の島 風かたか』 http://hyotekinoshima.com/

| 未分類 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

翠呼亭



「久しぶりに帰省したら実家が餃子屋さんになっていた」

五藤利弘監督が今春、FACEBOOKにこんな記事を載せたら、お友達界隈は騒然となり大反響となっていました。
五藤監督の妹さんがその餃子屋さん「翠呼亭 」を立ち上げたというので、ようやく食べに訪れました。

場所は長岡市の十日町地域、名の知れたかまぶろ温泉を過ぎて小千谷に向かう道中にすぐ見つかりました。
もっとも担当者はかまぶろ温泉によく浸かりにいきますが、
その先に五藤監督の実家があると知ってたものの、わざわざ探して行く気も無かったので、
今回初めてたどり着きました。

わりとこじんまりした瀟洒な建物で一見、餃子屋さんというよりカフェを思わせてドアを開くと、
一人で切り盛りする監督の妹さんがカウンターの中から常連さんらしき人と言葉を通わせていました。

お昼は餃子のお土産のみと聞いてたものの、
但し書きを読むと食べてもいけるそうなのでご飯とみそ汁と洒落た前菜がセットになった餃子定食を注文。

それで肝心の餃子なのですが、これは忖度でもお世辞でもなく本当に旨かったです。
餡が詰まりながらも油っぽさは抑え気味で、中華料理屋さんの定番の味と一線を画しており、
皮とも絶妙なバランスで味が保たれていて
一味違って旨いと妹さんに伝えたら、どうやら香辛料が秘訣らしく、
何種類も調合して研究を重ねた結果、この味になり、
醤油よりも酢と胡椒をつけて食べるのが美味しいと勧められました。

この餃子の味には賛否両論あるそうですが、担当者はこちらの方がイイのではと伝え、
餃子一本で攻めるなら定番でなく、このくらい個性的でないと。

聞けば以前から餃子屋さんを出したいとずっと研究していたそうで、
今回ようやく念願のお店を出すことができてとても嬉しく、
正直、長岡でも郊外なので地理的に大変なのは覚悟のようでしたが、
ともかくこちら今まで食べたことない、こんな美味しい餃子のお店が出来たことを、
食いしん坊の担当者としては祝福をしたいです。

夜はお酒やおつまみもメニューに登場するようですが、
いづれかまぶろ温泉に浸かった後に訪れるとして、
またこの餃子を食べに行くだろうな、と思いました。
本当に掛け値なしでお勧めいたします。

妹さんは何度か五藤監督の上映会に観に来てくださったそうで、
そのお礼をお伝えしましたが、
よくよく思えば初めてお会いしたので、
こちらの紹介をして『被爆ピアノコンサート第二楽章』のポスターとチラシをお願いしてきました。
ありがとうございました。

6月30日 『被爆ピアノコンサート in 長岡 第二楽章』
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1898.html

| 未分類 | 19:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

20180815



今夏8月15日夜のアオーレ長岡市民交流ホールAを仮押さえできました。
73回目の終戦記念日にふさわしい映画をと以前から練っていましたが、
本日、いろいろと動きがあったばかりか、
昨日、新潟県知事選挙に当選した方も関係のある映画かもしれません。
そんなことを思っていたら、沖縄でまた戦闘機が墜落したと知りました。
決定次第、こちらに掲載します。

画像は全く関係なく先ほど「被爆ピアノコンサート第二楽章」のポスターを貼らせていただいた殿町・与華楼の中華そばです。

| 未分類 | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

福島第一原発事故による放射性物質拡散と健康被害に関する学習会



上映会をお手伝いいただいてる方が福島原発事故の学習会を企画し、
『東電テレビ会議49時間の記録』を製作したOurPlanet-TV代表の白石草さんの講演も開かれるのでご紹介します。

 福島第一原発事故によって東日本の広い範囲に放射性物質がまき散らされました・
これにより、特に放射線量が高い福島県では、深刻な健康被害が生じています。
もし柏崎刈羽原発で同様の事故が起きたらどうなるのか?
このことについて講演と意見交換会を開催します。

■講演1 『福島第一原発事故による健康被害について」
講師 「OurPlanet-TV」代表 白石草さん

■講演2 『福島第一原発事故による東のほんの土壌汚染について」
講師 あがの市民放射線測定質「あがのラボ」代表 村上直行さん

■意見応答と意見交換
解説 原発反対刈羽村を守る会 武本和幸さん

日時 7月8日(日) 午後1時30分~4時
場所 長岡市立中央図書館 2階講堂
参加費500円(資料代)高校生以下無料

主催 柏秋刈羽原発避難計画に関する学習会実行委員会

問い合わせ 09052141798

| 未分類 | 06:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今は負けているかもしれないが、まだ試合は終わっていない。



6月3日『わたしは、ダニエル・ブレイク』お客様の感想を抜粋して掲載します。

*政治はどこを見ているか。 (70代・男性)

*やさしい社会になるといいですね。
隣人に、出会った人に愛を。自分が何をするか。(30代・女性)

*良い作品でした。
ありがとうございました。 (40代・男性)

*英国でも日本と同様、、、、
この映画をよくぞ作ってくれたと感謝しますy。
大勢の人に観て欲しい!!(60代・女性)

*昨日も貧困に関する報道を目にしたとこで、胸に迫りました。(70代・男性)

*とても良い映画でした。 (60代・女性)

*身につまされる。人ごとでないと。
まさに今日の現実。
より、ひどく生きにくい社会になると思う。 (60代・女性)

*効率とか収益とかが、第一義になっている、今の風潮に疑問を持ってる人は少なくないと思います。
映画でもどこも同じものばかりで、いろんな価値観を尊重できなくなっている。
また前売りがあまり売れない現実も悲しい、こんないい作品なのに。 (40代・女性)

*日曜の夜に観賞するには重たい内容でしたが、他国のこととは思えなかった。
グローバリゼーションが当然のこととなり、弱者が切捨てられる現実が恐ろしい。
誠実に生きている人が何故ここまで苦しまなければならないのかと切なくなりました。
現実は厳しいけれど最後は”つながり”ですね。 (50代・女性)

======================================

あとケン・ローチFiilmをはじめて観たという方もいらっしゃり感心していましたが、
確かにこれまでのケン・ローチの作品の中で最も感情移入できるのは、
アンケートにもあった決してよその国の話ではないことを実感できる風潮だからではないかと思います。

今回上映会を企画・準備していく中で資料を読んだりしたなかで、
「これはおかしい」といい続けるケン・ローチが政治について深く言及していることを知りました。
上映を企画した当初はまさかまた新潟県知事選が行われるとは思いもよりませんでしたが、
本当に重要な選挙なんだと実感しています。

件名はケン・ローチの言葉ですが、負けっぱなしの担当者にとって大きな励みになりました。
引退を撤回したケン・ローチの新作クランクインなんてニュースを待ちたいと思います。
そして80過ぎてもパンクな映画を。

| 未分類 | 21:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

らこって 2018年6月号



ながおか市民協働センターが発行するフリーペーパー“らこって”のチラシ組作業に
https://nkyod.org/racotte-list/101569
今回は『被爆ピアノコンサート in 長岡 第二楽章』のチラシ組で参加しました。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1898.html

現在、ありがたいことに3名の方が演奏してくれることになり、
今後とも呼びかけていきたいのでピアノを演奏される方の目に留まってほしいと思いながら。

今回参加した他団体のイベントは

*ながおか若者会議×NIIGATA AlbirexBB バスケを通じて長岡を盛り上げよう-開幕-
6月20日(水)19時~
会場 NaDeC BACE
主催 問 申し込み先 ながおか・若者・しごと機構
電話 0258-86-6008

http://www.city.nagaoka.niigata.jp/bosyu/wakamono-albirexbb.html

*オー!グリーンマーケット
7月8日(日)10時~17時
主催 グリーンマーケット実行委員会
電話 0258953161

https://www.facebook.com/oh.greenmarket/

*JFAなでしこひろば in NAGAOKA
6月24日(日)16時~18時
場所 帝京長岡高校グラウンド
主催 NPO法人長岡ジュニアユースフットボールクラブ
電話 問 0258-84-7704

https://www.jfa.jp/nadeshikohiroba/join/detail/7514

*絵本作家 のぶみ講演会 in新潟
📚日時:2018年6月30日(土)14:00~16:00
📚会場:長岡市立中央図書館 2階 講堂
📚チケット:前売3,000円(中学生以上)
📚問合せ:絵本作家のぶみ応援団in新潟
mail: nobmi niigata@yahoo.co.jp

https://nkyod.org/ticket-list/68478

| 未分類 | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「映画の友」よ



6月3日 『わたしは、ダニエル・ブレイク』上映会

今回、久しぶりに再会といっても昨夏の『人生フルーツ』上映会にも来てくれた長野在住の新聞記者さん。
上越支局長時代にこちらに関心を持ってやってきましたが残念ながら異動で長野へ。
今回『わたしは、ダニエル・ブレイク』を賞賛し、また観たいと駆けつけてくださいました。

上映会活動をしていると引っかかってくれる新聞記者さんがいて、
特に活動を面白がってくれると好意的に記事にしてくださるものの、
なにぶん新聞記者ほど異動が多い職業はないと思い、
せっかく親しくなっても二三年経てば異動となってしまうなか、
今も交流してくださるのはこの長野在住のS記者と毎日新聞本社に戻られたO記者さんくらいになりました。

そう書くとさびしいものの、このお二人は極端すぎる映画好きは共通するものの嗜好が違って
O記者はお芝居を齧っただけに長岡赴任時に4本もの映画に出演した現場で実践派。
S記者はともかく映画観賞に情熱を注ぎ、そこを通じて映画人や映画館と交流を深めて身につけていくもの。
どちらかというとS記者の方が映画バカ(褒め言葉です)に思いますが、
映画への情熱と愛情は比類なきものを感じます。

久しぶりだったので上映会終了後に二人で乾杯、
開口一番に長野で最近観て良かった映画のチラシをピックアップして渡され紹介いただきましたが、
どれもが長岡はもちろん新潟市でも公開されてない作品ばかりで、
長野と新潟の映画文化度について開きを覚えました。

正直、新潟にはシネ・ウインドがあるからとたかをくくっていましたが、
実は同じ地方都市でも長野の方が映画文化がずっと上だったことに気づかされました。

ちなみに上半期ベスト1はなんですか?
と尋ねたらすかさず『ザ・シークレットマン』を挙げ、
スピルバーグの『ペンタゴン・ペーパーズ』の後の話だけど『ペンタゴン~』よりも良かったと話しながら、
新聞記者の面から観た『ペンタゴン・ペーパーズ』について興味深い点を挙げてくれました。

他に互いに『妻よ薔薇のように 家族はつらいよⅢ』を最近観たものの、
担当者は良くなかったと述べましたが、S記者は賞賛。
ただ互いに某落語家さん(映画狂として身近に感じてましたが、最近くだらないワイドショーのコメンテーターに堕落しガックリ)の演技がヒドイと感じたことは共感しておりました。
ついでにあの映画『突然ガバチョ』のオマージュなのか、演技がヒドイと感じた落語家は鶴瓶師匠ではありません。念のため。

あと『妻よ薔薇のように』は長野県でも撮影されているので、
そういえば長野ロケの映画もたくさんあると思いながら、
翌日は小林茂監督と相談事があるので会うそうなんで
小林監督が撮影を務めた佐久病院をテーマにしたドキュメンタリー映画『地域をつむぐ』があり、
長野に縁があることをお伝えしました。

ちなみに『ザ・シークレットマン』は高田世界館で公開が決定しましたが、新潟、長岡では未公開。
しかしS記者が賞賛してた映画の中で『タクシー運転手』は現在、シネ・ウインドで公開中。
これは観なければと思ってます。

画像はS記者にフードバンクにいがた 長岡センター代表も加わっての上映会撤収後のスタッフ記念写真。
しかし毎度ドタバタ(その大本を探ると担当者のせいなんですが)ながら無事に上映会が終了するのも、
この写真に納まってる方以外も含めてスタッフの気遣いによるものなんで深く感謝しています。
この写真、いづれケン・ローチ監督の目に留まってほしいとこっそり思ったりします。

S記者、またの再会をとそれまでお互い映画を
一年365本映画を観るのを、20年続けるのは難しくても観続けましょう・

| 未分類 | 15:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

憲法第13条のうた



第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

========================

6月3日『わたしは、ダニエル・ブレイク』長岡上映会

以前『ある精肉店のはなし』上映前に時間があるからと未来と生活の会・三条の田中代表に
「ダスティン・ホフマンになれなかったよ」を歌っていただきました。
http://nagaokatsukurukai.blog.fc2.com/blog-entry-1346.html

映画に全く関係ない歌でしたが、結構好評だったので今回も上映前に弾き語りでお願いをしました。

事前にどんな映画なのかと聞かれ『貧困と尊厳』がテーマと大雑把に伝えたら
「昭和枯れすすき」はどうかと言われたものの、
上映前から暗くなるので、それはやめてほしいとと言ったきり、
当日になって来た際に何を歌うのかと尋ねたら
「人間の尊厳ということで憲法13条のうたを歌おうと思う」

まったく予想外の返事をいただいたものの、日本国憲法についてざわついてる現在、
「すべて国民は、個人として尊重される。」と高らかに歌い上げる13条は映画ともあってるように思い、
それでいこうとなりました。

アマチュアミュージシャンが作曲した情緒的なメロディに載せて、
13条の条文を二回繰り返すというシンプルな歌でしたが、
思いを込めて歌ってることと、13条のメッセージがお客様に伝わったのか、
アンケートを読むと、まぁ中には異論を唱える方もおりましたが、
(これに関してはこちらも異論が)、
・ギターの弾き語りが良かったです。
・上映前の歌もとても良かったです
と書いてくださった方がいて好評で歌い終えて拍手が鳴り響きました。。

画像はリハーサルも兼てロビーで歌ってる田中代表。
六角凧をバックにしてなかなかカッコよく、
何事かと聴きに来た若い女の子から声援があり、
やはりギター弾きはモテるなぁと。

しかし本番では田中代表がいつも怒られている真の未来と生活の会・三条の代表が、
よりによって最前列ど真ん中で見ていたので、
大変やりにくかったのか歌い終えた田中代表はぐったりとして早々と帰ってしまいました。

| 未分類 | 18:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

30キログラムの重さ



6月3日 『わたしは、ダニエル・ブレイク』上映会

食品をいただきに来たフードバンクで空腹に耐えきれず、
人目があってもやむにやまれず、
パスタソースの缶を開けて、手で掬って口に入れるケイティ。
しかし自身の行いを恥じて涙を流す彼女に、
ダニエルは「君は悪くない、頑張っている」とそばに寄り添い励ますシーン。

『わたしは、ダニエル・ブレイク』の中で自身が困難にありながらも、
涙を流す者へ手を差し伸べ慰めるダニエルの真骨頂を示すようで、
とても印象深く残ってます。

と、同時にこのシーンを演じたヘイリー・スクワイアーズは本当の空腹の辛さを
身を以て体験したのではないかと思うほどリアルに感じました。

今回の上映会フードバンクにいがた 長岡センターのお力添えをいただき、
会場で食糧を提供いただく場の“フードドライブ”を設置したところ、
本当にたくさんの食品の寄付をいただきました。

10人ぐらいのご婦人グループがそれぞれ一人一人が持ち寄って来てたのを、
見ていましたが、どこでこの上映会を知ったのか聞いておけばよかったです。

この日、持ち寄られた善意の食品は合計すると重さ30キログラムになったそうです。
ありがとうございました。
もちろんフードバンクにいがた 長岡センターから必要とされる人たちに送られます。

担当者はドタバタしてて持参するのを忘れてしまいアオーレ内のコンビニで買ってきて、
お渡ししてしまいましたが、上映会スタッフが食品を持参してきて渡しているのを目にして、
ちょっと誇りに思ったりしました。

ちなみにフードバンクに寄付をする食品は長岡では大手通りのトモシアにある
長岡市社会福祉協議会にお渡しすればフードバンクにいがた 長岡センターに連絡が行って受け取りに行くそうです。
関心を持たれた方は食品を長岡市社会福祉協議会にお渡しいただければと思います。

新潟県長岡市表町2丁目2番地21
トモシア 長岡市社会福祉協議会
http://tomoshia.jp/

フードバンクにいがた HP
https://www.foodbank-niigata.org/

| 未分類 | 19:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT